【舞鶴で生まれた京野菜】万願寺甘とうを食べました。辛くなくて美味しい!

今日の伝統野菜万願寺甘とう

今日は舞鶴の名産品で、万願寺とうがらし(万願寺甘とう)を調理して食べました。

こちらは地元のスーパーラポールさんで売ってあった、万願寺甘とうです。

今日の伝統野菜万願寺甘とう

どんな風に調理をするのがいいかなと悩んでたのですが、ここはシンプルに醤油と鰹節で食べることにしました。

万願寺甘とうのレシピはJA丹の国さんのHPを参考にしました。

万願寺甘とうの焼いたん

焼いたんというのは、私も使うのですが、方言でしょうか?

焼いたん=焼いたものという意味です。

油をひいてフライパンで焼く

万願寺甘とうの焼いたん1

万願寺甘とうの焼いたん2

しっかり焦げ目がつくまで焼いていきます☺

注意

パチパチっと、油はねしました。

調理の際は注意してください。

 

焦げ目がついたら、お皿に盛る

焦げ目がついて、水分が抜けたら完成です。

私はしんなりしたのが好きなので、ふたを閉めて蒸しました。(そこらへんはお好みで☆)

万願寺甘とうの焼いたん3

鰹節と醤油をかけて出来上がり。

盛り付けが汚くてすいません💦

シンプルですがとても美味しいです。

素材のまま、いただいているという感じです…!

実は私は万願寺甘とうに出会うまでは、トウガラシが苦手でした…

ただ、万願寺甘とうは「甘とう」と言われるだけあって、辛みがなく食べやすいです☺

 

 

 

万願寺甘とうは、生まれも育ちも舞鶴

万願寺甘とうは、京都府北部の舞鶴市郊外の満願寺のある、満願寺集落集落が発送と発祥と言われています

生まれはおよそ100年前の大正時代と言われています。

初めの頃は住民たちの間でしか栽培されていませんでしたが、

今では夏の京野菜を代表する逸品として全国に出荷されています。

一般に栽培できる方法が見つかったようです…!

 

万願寺甘とうの特徴

万願寺甘とうは、肉厚で種が少なく甘い唐辛子と言われています。

唐辛子なのに全然辛くないので老若男女どなたにも好評だそうです。

 

万願寺甘とうは、地理的表示(GI)も取得

万願寺甘とうは、農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録されています。

農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録

 地域には、伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている産品が多く存在しています。

これらの産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録し、保護する制度が「地理的表示保護制度」です。

農林水産省HPより引用

JA全農で登録を受けたのは、万願寺甘とうが初めてとのこと!

すごいですね..!

GIに登録されているされているため、知的財産として守られているのですね。

農水省のお墨付きなので、生産者、消費者とも安心ですね。

 

地理的表示(GI)保護制度を受けるとどうなる?

  • 地理的表示であることを示す「GIマーク」の使用が認められるとともに、登録された名称(地理的表示)の不正使用を国が取り締まります
  • 「GIマーク」が付されることによって、消費者は国がその品質等にお墨付きを与えた産品として、安心して購入することができます

京都府HPより引用

農業の分野においては、日本のブランドの野菜や果物などの不正利用が問題になっていますよね。

実際にこのGIが不正利用されているそうです。

舞鶴の万願寺甘とうも、舞鶴で生まれて、育ったからこそいまの美味しさがあるのですよね…!

何とか対応を進めてほしいですね。

 

万願寺甘とうは、サラブレット?

話がそれてしまったので、万願寺甘とうの話に戻ります。

万願寺甘とうのDNAを紹介しておくと、万願寺甘とうはサラブレットのようです。

伝統野菜の伏見とうがらし+カリフォルニア・ワンダー(ピーマン)との交雑から生まれたのではないかと考えられています。

なぜ交雑されたかは定かではありませんが、ピーマンの遺伝子が入っていることにより、甘いのかもしれませんね。

現在、万願寺とうがらしは、京都府内の舞鶴市・綾部市・福知山市の一部で生産されています。

舞鶴を飛び出して、北近畿で生産されています☺

 

万願寺とうがらしを食べたいと思ったら?

万願寺とうがらしを食べたいと思ったら、お近くの百貨店・スーパーに足を運んでみてください。

東京や大阪にも出荷されているそうですよ。

ただ、取り扱いがない場合や、品切れの可能性もあります。

その場合、JAさんの通信販売もありますので、利用してみてください。

(西日本豪雨災害の被害もありますが、8/1から通販再開しているそうです。良かった…!)

この記事書くのに参考にした記事

万願寺甘とう | 公式ホームページ

農水省HP

京都府HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください